ホーム>スタッフブログ>BMWの修理>BMW E46後期 ドアキーシリンダー交換・故障修理【横浜 ケーズファクトリー】
BMWの修理

BMW E46後期 ドアキーシリンダー交換・故障修理【横浜 ケーズファクトリー】

2016714192044.jpg

BMW E46 3シリーズの運転席ドアのキーシリンダーが外に抜けてしまうという故障でご入庫となりました。

こちらの故障は、E46 3シリーズによくある故障でキーシリンダーの交換となります。

2016714192125.jpg

キーシリンダーを取り外すと上記のような感じです。

真ん中のジョイント部分が真っ二つに割れて、内側と外側が連動しなくなっていました。

 

単純に新品キーシリンダーを入手して交換作業をすると、簡単に作業は完了しますが、キーが2個になってしまい

常時2個のカギを持っていないといけなくなってしまします。

そこで、キーシリンダーを分解して中のピンを入れ替える作業をすると、既存のキーで施錠・開錠が出来るようになります。

2016714192113.jpg

この作業は、専門知識が必要なため、外注の鍵屋さんにお願いしますので、少々お時間を頂く修理となります。

1泊2日程度ですが。

 

キーシリンダーなんかでロックやアンロックをしないよ! という方もいらっしゃると思います。

しかしながら、この故障の場合、キーシリンダーがロックの位置で止まって破損してしまうと、

常にパワーウィンドやサンルーフを閉めようとする動作が続くために、バッテリー上がりの原因となってしまい、

キーレスでの開錠が不可となります。

 

BMW E46のオーナーさん,お気をつけてください!!

 

こちらの修理代金は4万円と少々掛かりました。

 

それでは、次のブログでお逢いしょう!!

 


BMW修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ホームページ www.ksfactory.com

パーツ通販  benz-ksfactory.jp

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ksfactory.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/37