ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ベンツの車検や修理のご入庫ありがとうございます。

皆さんこんにちは!ケーズファクトリーの前田です。

 

本当に寒い日が続きますね! 今夜から関東地方も雪が降るという事で

明日の朝、窓の外を見るのが恐ろしいです。

雪が積もると、作業がはかどらないので、お預かりしているお客様に

大変ご迷惑をかけてしまう事になり、本当につらいです。

どうか、積もりませんように!!

 

1月はあっという間に駆け抜けて行ってしまいましたが、車検や修理で

沢山のお客様にご利用頂きました。有難うございます。

 

その中で、車種を問わず多い修理が、ドアミラーウィンカーの不点灯(ウィンカーが点かない)の修理が

多くなってきました。

以前はW203のCクラスに多い現象でしたが、最近はW204ーCクラス、W169ーAクラス、X164-GLクラスにも

同じようにウィンカーの不点灯があり、修理させて頂きました。

 

なぜ、そのような故障が発生するかというと、ドアミラーを格納する、開く、格納する、開くを

何年も繰り返し操作しているせいで、ドアミラーの中を通っている配線が、折れて接触不良(断線)を

起こしてしまうので、点灯不良を起こしてしまいます。

 

原理的には、針金は普通ペンチで切ったりしますが、ペンチが無い場合、手で切りたい所を支点にして

何度か曲げて伸ばして、反対側に曲げて伸ばしてと繰り返すと支点にした所があっさり切れます。

それと同じ原理で、配線も断線してしまうのです。

 

配線自体も経年劣化で被覆が硬くなり、余計に断線しやすくなります。

ドアミラーを分解して、配線の束を解くとウィンカーの配線と同じところで、レンズ調整のモーターの配線も

切れている事がよくあります。

 

修理方法は、代替えの配線が部品として設定があれば、配線を全交換できます。

しかし、代替え部品が無い場合は、1本1本半田付けしていく必要があります。

この場合、配線自体の被覆が劣化している為、あまり長くは持ちません。

ドアミラーの格納をしなければ、長く持ちますが、車庫の関係などで難しいと思います。

 

因みにディーラーさんでは、ドアミラー全交換となるようです。

費用は8万円~12万円位でしょうか? もちろん片側です。

 

配線修理ですと5千円~1万円位で納まりますので、お財布にはやさしいですね!

 

ドアミラーウィンカーの点灯不良でお困りの方は、是非一度ご相談ください。

 


ベンツ修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ホームページ www.ksfactory.com

パーツ通販  benz-ksfactory.jp

 


 

 

 

2018年の営業スタートしました

皆様、明けましておめでとうございます。

ベンツ修理工場、横浜のケーズファクトリーの前田です。

旧年中は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

心より感謝いたします。

本年も昨年同様、ご利用をお待ちしております。

 

2018年の営業を本日、1月4日からスタートしました。

朝一番から、お電話やご来店でテンテコマイの一日でした。

部品関連のお見積り等、まだお休みのところも多く、

お問合せ頂いたお客様にも、あと1日お待ち頂くことtなり

ご迷惑をお掛け致しました。申し訳ありませんでした。

 

修理や車検のご予約もどんどんと埋まってまいりますので、

ご予定のある方は、早めにご連絡下さい。

 

今年一年、頑張ってまいりますので、ご利用お待ちしております。

皆様方も良い一年でありますように!

 

 

ベンツ修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ホームページ www.ksfactory.com

パーツ通販  benz-ksfactory.jp

 


W221 後期 S550 リヤモニターの取り付け例

今日も当社ブログを御覧頂きまして、ありがとうございます。

ケーズファクトリーの前田です。

 

3月も終盤を迎えて、桜の花も咲きそうになったところへ、この寒さです。

開花に待ったをかけた、寒気のおかげで体調など崩されている方はいませんか?

私は完全防寒で過ごしていますので、元気ですよ!!

 

さて、ここのところ、電装系のお仕事が目白押しで、カーナビの移植だったり

リアモニターの取付けだったりと大忙しです。

2017328185548.jpg

このアイテムを使って、ベンツW221後期のS550にリヤモニターと外部DVDを組み合わせて、

前の純正モニターと同じ画面を表示させるという、ちょっと頭の中がショートしそうな作業です。

 

配線図などはありませんので、こうなればこうなると考えながらの作業でした。

丸一日掛かって、ようやく完成したのが、下の画像です。

 

2017328185611.jpg

 

上々の出来上がりに、一人で満足していました。

 

他に、オイル交換とブレーキパッドの交換などの整備・修理を施して、お返し致しました。

ありがとうございます。

 

このあと、3連チャンで同じ内容のご予約が有ります。

頑張らねば!!

 

それでは、またの投稿をお楽しみに!!

前田でした。

 


ベンツ修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ホームページ www.ksfactory.com

ベンツパーツ通販  benz-ksfactory.jp

 


ベンツ W639ビアノのウォーターポンプ交換・修理【横浜 ケーズファクトリー】

こんにちは、ベンツ修理工場 横浜市都筑区ケーズファクトリーの前田です。

暫く、ブログを更新していなかったのですが、ちょっとだけやる気になったので更新してみます。

今年は、雪も積もらずに春一番もやってきて、なんだか拍子抜けしてしまった冬でしたね。

こんな年もあるのか、異常気象なのかは私には判りませんが、寒さが酷くなくて幸いでした。

 

さて、世田谷区のW様のお車 W639 ビアノをお預かりしての修理作業のご紹介です。

入庫のきっかけは、ブレーキパッドの警告灯の点灯とハンドルを切った状態で低速時にゴトゴト異音がするという

症状があり、修理のご依頼を頂きました。

 

ブレーキパッドは、前後共に残量が無く、パッドセンサーがブレーキディスクに接触し削られている状況でしたので、

交換となりました。フロントのブレーキディスクも摩耗の限界が来ており、同時に交換となりました。

 

ハンドルを切っている時の低速時のゴトゴト音は、数万キロ走行したW639(ビアノ、V350)には多い症状で、

フロントスタビライザーのマウントブッシュがヘタって発生する症状(故障)です。

こちらも、左右マウントブッシュとスタビライザーのエンドリンクを左右交換して完治しました。

 

点検中に何気なく、エンジンのファンを揺すってみると、ウォーターポンプにガタが発生していましたので、

W様にご報告後交換作業を実施させて頂きました。以下の画像は、その時の物です。

 

こちらが、取り外したウォーターポンプです。

2017226193729.jpg

ウォーターポンプを取り外したエンジンです。ウォーターポンプ廻りに複数のボルトがあり、取り外しが大変です。

2017226193638.jpg

新品のウォーターポンプを取り付けたエンジンです。

2017226194122.jpg

作業後は、クーラント(LLC)を補充して、エア抜きをして作業完了となります。

 

ウォーターポンプのガタを放置していると、ファンベルトが外れたり、水漏れをしてオーバーヒートを起こして

走行不能となることがよく有ります。ウォーターポンプが原因で走行不能になってのご入庫は、年間数台有ります。

 

定期的に点検をして、未然に防ぐ事をオススメします。

 

それでは、またお会いしましょう!!

 


ベンツ修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ベンツ修理ホームページ www.ksfactory.com

ベンツパーツ通販    benz-ksfactory.jp

 


2016年 一年間ありがとうございました!!

こんばんは! ケーズファクトリーの前田です。

本年もあと2日を残すところとなりました。

当店も本日が最終営業日となりました。

一年が過ぎ去るのが、年々早くなるような気がします。

皆さんはいかがでしょうか?

 

今年は昨年以上に新規のご来店がありまして、大変ありがたく思っております。

お問合わせも沢山頂きまして、ご対応が遅くなることもしばしばで、

お客様には、ご迷惑をお掛け致しました事を、大変申し訳なく思っております。

 

来年2017年も、より良いサービスが出来ますように精進して参りますので、

どうぞ、ベンツ修理のケーズファクトリーを宜しくお願い致します。

 

今年一年、本当にありがとうございました!!

 

皆様、良いお年をお迎え下さい!!

 

それでは、また

BMW E46後期 ドアキーシリンダー交換・故障修理【横浜 ケーズファクトリー】

2016714192044.jpg

BMW E46 3シリーズの運転席ドアのキーシリンダーが外に抜けてしまうという故障でご入庫となりました。

こちらの故障は、E46 3シリーズによくある故障でキーシリンダーの交換となります。

2016714192125.jpg

キーシリンダーを取り外すと上記のような感じです。

真ん中のジョイント部分が真っ二つに割れて、内側と外側が連動しなくなっていました。

 

単純に新品キーシリンダーを入手して交換作業をすると、簡単に作業は完了しますが、キーが2個になってしまい

常時2個のカギを持っていないといけなくなってしまします。

そこで、キーシリンダーを分解して中のピンを入れ替える作業をすると、既存のキーで施錠・開錠が出来るようになります。

2016714192113.jpg

この作業は、専門知識が必要なため、外注の鍵屋さんにお願いしますので、少々お時間を頂く修理となります。

1泊2日程度ですが。

 

キーシリンダーなんかでロックやアンロックをしないよ! という方もいらっしゃると思います。

しかしながら、この故障の場合、キーシリンダーがロックの位置で止まって破損してしまうと、

常にパワーウィンドやサンルーフを閉めようとする動作が続くために、バッテリー上がりの原因となってしまい、

キーレスでの開錠が不可となります。

 

BMW E46のオーナーさん,お気をつけてください!!

 

こちらの修理代金は4万円と少々掛かりました。

 

それでは、次のブログでお逢いしょう!!

 


BMW修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ホームページ www.ksfactory.com

パーツ通販  benz-ksfactory.jp

 

ベンツW221 S550 パワーウィンドウ不動修理【横浜 ケーズファクトリー】

ベンツ修理工場 横浜市都筑区のケーズファクトリーです。

本日は、横浜市青葉区のS様のお車の修理で、お預かりした内容をご紹介します。

 

メルセデスベンツ S550(W221)のパワーウィンドウが突然動かなくなって、ご入庫です。

こちらの症状は、前期型のお車によく発生します。

 

運転席のドアの内貼りをはがし、ベンツ専用テスター(DAS)とサーキットテスターで診断したところ、

やはり、ドアコンピューターの故障と判明!

実測値がパワーウィンドウ上下でONになっているにもかかわらず、パワーウィンドウモーターに電気が流れていませんでした。

 

ドアコンピューター(ドアコントロールユニット)のお値段は、¥33912-(H28年7月現在)で純正品を使用しての修理となります。

2016710181926.jpg

同日、30分差で、違うお客様からも入電があり、窓を開けたら上がらなくなったという事。

なんとびっくりです!! 同じタイミングで故障するのか?

 

ドアコントロールユニットをサクッと交換して、動作確認。パワーウィンドのオート機能を設定して作業は完了です。

2016710181947.jpg

コンピューターはドア内貼り内部のシートスイッチ裏側よりやや前方あたりに固定されています。

 

パワーウィンドが開いたまま動かなくなると、セキュリティ上大変ですが、

こちらの故障は気を付けようのないもので、ある日突然故障しますので、困ってしまいますよね~!

 

当方でお預かり時は、修理完了まで工場内で保管させて頂いております。

 

それでは、次のブログをお楽しみに!!

 

 

ベンツ修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ホームページ www.ksfactory.com

パーツ通販  benz-ksfactory.jp

 


ベンツE320(平成15年式 W211)のブレーキパッド交換 

本日(7月2日土曜日)は、藤沢のM様がご来店頂きました。

201672191041.jpg

作業内容は、ブレーキパッドの交換作業です。

 

メーターに”ブレーキパッドノマモウ コウジョウデテンケン”が表示され

 

お電話にて数日前にご予約頂いておりました。

 

前後、ブレーキパットを取り外してみると

20167219118.jpg 

ブレーキパッドセンサーが綺麗に露出していました。

 

パットセンサーはブレーキパットが残り2mmになると露出します。

 

先端のカプラーが車両側につながっていて、電気が流れてきます。

 

通常の状態であれば、ブレーキパッドセンサーが露出していないので、

 

警告灯は点灯しませんが、センサーが露出すると、ブレーキローターに

 

接触して、センサーが削られ、内部が断線して電気が流れなくなります。

 

そうなると、メーターにブレーキパッドの警告が点灯します。

 

 

W211のブレーキパッドの交換作業には、DAS(ベンツ専用テスター)で

 

ブレーキの作動解除が必要になります。

 

これは、前期型のSBCというブレーキ装置を搭載した車両だけです。

 

他の車種では、W219 CLS、 R230 SL、 などがあります。

 

この操作をしないと、ブレーキパッドの交換時にピストンが飛び出して

 

大変な事になってしまいます。

 

作業後は、DASでSBCブレーキの作動開始を指示して、ブレーキオイルの

 

圧力を上げる操作をして作業完了す。

 

その後は、走行テストでブレーキパッドの当たりをつけて、すべて完了となります。

 

今回は、純正よりダストが少ない RAICAM製のブレーキパッドに交換して、

 

前後ブレーキパット、センサー、工賃で5万円弱の費用が掛かりました。

 

 

当店は、土日も営業しておりますので、1時間程度の作業は、

 

お待ち頂いている間に完了します。

 

平日お忙しい方は、是非ご利用ください!!

 

それでは、次のブログをお楽しみに!!

 


 

ベンツ修理・整備・車検のケーズファクトリー

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

ホームページ www.ksfactory.com

パーツ通販  benz-ksfactory.jp

 

ベンツ・W221・S550L・2007年式 フロントロアアーム交換修理          【横浜・ケーズファクトリー】

 

 

こんにちは。ベンツ修理専門店のケーズファクトリーです。

 

メルセデス・ベンツ・W221のS550のフロントサスペンションのロワアームの交換・修理作業です。

 

(部品名称でストラットアームと呼ぶ事もあります。)

 

走行中、ハンドルを切ったときや路面の段差を乗り越えるときなどに、キューキューとか

 

ギシギシ、ギコギコなどお車によって音は違いますが、異音が発生した場合、

 

この部品の先端についています、ボールジョイント部分の消耗が考えられます。

20167193335.jpg

こちらのW221・S550も、ハンドルを切ったときに、キューキューと音が出ていました。

 

緊急な修理の必要はありませんが、気が付いてしまうと気分的に落ち着きませんね!

 

ロアアームを取り外して、ボールジョイント部分をチェックしたところ、普通なら目いっぱい力を入れないと

 

動かないものが、指先で軽く動く程度まで、消耗が進んでいました。

20167193319.jpg

20167193239.jpg

左右 OEMの新品部品で交換して、作業は完了です。

 

W221のSクラスでのこの症状は、だいたいのお車で走行距離が、6万キロを超えると増えてくる故障内容です。

 

その他、サスペンションの故障としては、エアサスの故障やABC(アクティブボディコントロール)の故障も

 

この時期から増えてきます。

 

このような異音に気が付いた時には、一度ご相談ください!!

 

それでは、次回のブログ更新まで!!

 


 

ベンツ・修理は横浜のケーズファクトリーにお任せください!!

   神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

   TEL 045-308-6570

   FAX 045-308-6571

   メール info@ksfactory.com


ベンツ W221 Sクラスのエアサス故障修理 【横浜 ケーズファクトリー】

皆さんこんにちは!!ケーズファクトリーの前田です。

久しぶりのブログ更新です。

 

6月も中旬となりまして、さらに梅雨入りした事もあり毎日ムシムシとして

不快な日々が続いております。

 

当店も入庫が後を絶ちませんが、最近少しづつ入庫台数が増えてきておりますのが、

W221 Sクラスの エアサス故障です。

201661719382.jpgのサムネイル画像

こんな感じで、タイヤがフェンダーにかぶったまま、これ以上上がらなくなってしまいます。

 

大体のケースとして、8万キロから10万キロの走行距離のお車のご入庫が多いです。

 

原因としては、ショックアブソーバーのパンクが一番ですが、パンクといってもタイヤのように

ショックアブソーバーに穴が開くわけではありません。

 

ショックアブソーバーのエアバック部分の下側のシーリングが外れて、エアが大量に漏れてしまいます。

パンクですので、その時は突然訪れます。怖いですね~!!

 

すぐに修理をすれば、ショックアブソーバーのみの交換で修理が完了しますが、無理をして走行を続けると

エアサスコンプレッサーが回りっぱなしになり、異常な高温となって、破損します。いわゆる焼き付きです。

 

ショックアブソーバー自体の単品のお値段が、¥221940-(フロント1本)ですので、コンプレッサーまで

故障してしまうと、定価ベースでフロント左右ショックと合わせて、50万円の出費になります。

 

さらに、工賃が加算されますので、恐ろしい事になりますね~!!

 

当社では、社外品のビルシュタイン・ショックアブソーバーを使用して、純正部品よりはるかにお安く修理が可能です。

社外部品は信用できないとお思いになる方もいらっしゃると思いますが、ビルシュタインは純正採用部品でもありますので、

部品自体の品質としては、純正と同等のもので修理出来ますので、ご安心ください!!

 

修理代のお見積もりには、車体番号が必要になりますが、メールかお電話でお気軽にお問い合わせください!!

 

※ その他の車種も同様に修理が可能です。(W220、W211、W219などなど)

 

■ワンポイントアドバイス■

愛車が走行不能になったときは、自動車保険のロードサービスがお得です。

J●Fより無料で運んでもらえる距離が長いので、結構な遠方でも無料の場合が多いです。

あと、レンタカーも貸してもらえることもありますので、自動車保険の内容をもう一度確認してみてください!!

 

 

それでは、また。お目にかかりましょう!!

===================================

 

メルセデス・ベンツ修理専門店

〒224-0057

神奈川県横浜市都筑区川和町525番地

株式会社ケーズファクトリー

TEL 045-308-6570

FAX 045-308-6571

メール info@ksfactory.com

===================================